神戸市北区 さかもと内科・消化器クリニック|胃カメラ検査方法 検査費用

さかもと内科・消化器クリニック ロゴマーク
お問合せ TEL 078-595-8607

胃カメラ検査とは

さかもと内科・消化器クリニックHOME > 胃カメラ検査とは

さかもと内科・消化器クリニック 院長 坂本 岳史のメッセージイメージアイコン

胃カメラ検査
(上部消化管内視鏡検査)
とは

ENDOSCOPY

口または鼻から内視鏡を挿入し、のど(咽頭)・食道・胃・十二指腸の状態を観察する検査です。

当院で使用するスコープは先端部径約6mmと細く、スムーズにのどを通ります。

また高画質画像で観察でき、病変の発見に優れています。

胃カメラ検査は、食道がん・胃がんの早期発見に欠かせない検査です。

検査時間は15分程度です。

 
胃カメラ検査をお勧めする方のイメージアイコン

どのような場合に検査が
必要か?

胃カメラ検査をお勧めする方

胃の不調のある方

(はきけ、胸焼け、膨満感、胃もたれ、胃痛など)

貧血のある方
急激な体重減少

ヘリコバクターピロリ菌感染を指摘されている方

以前にピロリ菌除菌治療をされた方

健康診断や人間ドックで「精密検査を受けてください」 と言われた
胃カメラの挿入方法選択のイメージアイコン

胃カメラの挿入方法を
選べます

鎮静剤を使う・使わない、
口・鼻から挿入

1.

「口」から内視鏡を挿入 「鎮静剤」を使う

うとうとした状態で苦痛が少ない検査ができます。

2.

「口」から内視鏡を挿入 「鎮静剤」を使わない

この場合もえづきにくい検査を心がけています。

(車で来院された場合)

3.

「鼻」から挿入 「鎮静剤」を使わない

えづきを誘発する舌の付け根を通らないで検査できます。

(神戸市胃がん内視鏡検診はこの方法でおもに行なっています)

4.

「鼻」から挿入 「鎮静剤」を使う

鼻から細い内視鏡を挿入します。
うとうとした状態で苦痛が少ない検査ができます。

  1か3の方法をお勧めしています。
 

胃カメラ検査の流れイメージアイコン

胃カメラ検査の流れ

検査前日~検査後の注意事項など

胃カメラ検査前日

21時までに夕食をすませてください。

 

水・お茶・スポーツドリンクは21時以降も飲んでかまいません。

胃カメラ検査当日

朝食は摂らないでください。

 

【定期内服薬がある方】

朝の定期内服薬は予定通り内服してください。(糖尿病の薬は中止) 水分は摂ってかまいません。

来院 検査前

胃の中をきれいにする消泡剤(白い液体の薬)を飲みます。

【口からカメラを挿入する場合】

のどに麻酔薬を噴霧します。

 

【鼻からカメラを挿入する場合】

両側鼻に血管収縮剤を噴霧します。通りのよい方の鼻に局所麻酔ゼリーを注入し、局所麻酔をつけたスティックを鼻にゆっくり挿入します。

 

【のどの反射が強い方】

のどに少量局所麻酔スプレーを追加します。

胃カメラ検査後

1時間ほどリカバリー室で休んでいただき、その後検査結果を説明します。

(鎮静剤を使用しない場合は短時間の休憩でかまいません)。

 

【鎮静剤を使用した場合】

検査後の車・バイク・自転車の運転は出来ません。

さかもと内科・消化器クリニックの内視鏡検査室・リカバリー室写真

さかもと内科・消化器クリニック 院長 坂本 岳史のメッセージイメージアイコン

費用について

保険負担割合と検査内容、投薬により異なりますが、
3割負担の方でおよそ5,000~15,000円程度
1割負担の方はその1/3程度となります。
さかもと内科・消化器クリニックロゴマーク
さかもと内科・消化器クリニック
Sakamoto Medical Clinic
消化器内科
院長 坂本 岳史
お問合せTEL 078-595-8607
胃カメラ検査予約
フォームメール予約受付が行えます
初めて来院される方へ
ダウンロードしご自宅でゆっくりと書いていただけるよう問診票をご用意いたしました。ご利用ください。
診療時間
午前診月~金9:00~12:00、土9:00~13:00
内視鏡検査月・火・水・金13:00~15:00
午後診月・火・水・金16:00~19:00
休診日:木・土の午後、日・祝
さかもと内科・消化器クリニック周辺マップ
電車でお越しの場合 神戸電鉄三田線「岡場駅」徒歩3分
自動車でお越しの場合 中国自動車道西宮北インターより約7分
エコール・リラの駐車場をご利用ください。
検査など時間が掛かる場合、サービスがあります。
GoogleMapで見る
胃カメラ検査予約
フォームメール予約受付が行えます
お問合せ電話番号
078-595-8607